華麗なる一族

ドラマ「華麗なる一族」の主題歌・出演者・視聴率・レビューのサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なる一族 第7話

華麗なる一族 第7話

おもしろいテレビ番組は?

昭和43年4月

突貫工事を開始してから2ヶ月あまりが過ぎ、工事は順調に進んでいた。

銀平(山本 耕史)が立ち寄り、その完成真近の高炉を見上げて感動していた。
「これが兄さん(木村 拓哉)の夢か、近くで見ると壮観ですね」

阪神銀行。

大介(北大路 欣也 )、大亀専務(武田 鉄矢)、帝国製鉄の和島所長(矢島 健一)、
銭高常務(西村 雅彦)らが高炉が着々と出来上がってきていることを懸念していた。

「この勢いだと、大同銀行吸収のシナリオが危うくなってきますね。」

「作業員も本来の7割ほどですし、別の手も考えております」

この状態に苦い顔をしている大介だった。


阪神特殊製鋼の社員食堂。

銀平と鉄平。

玄さん(六平直政)がその2人のところに来て、銀平を見て言う。
「若、また新入りの若いのを連れてきたんですね」



「これは俺の弟です」

「弟?それにしても全然、似てへんな。じゃあ、兄として弟にいいとこ見せんとな。
今日も専務のおごりだぞ~」

この言葉にそこのいた社員全員が、一斉に歓喜に沸いた。
すると、鉄平が立ち上がり、玄さんの胸をポンと勢いよく押した。

「兄さん」驚いた銀平は、鉄平を止めに入るが、そんな心配は必要ないことだった。

「よし、じゃあ玄さん、ジャンケンしよう!」

ジャンケンをする鉄平と玄さん。
3回勝負で、鉄平が勝った。

「よし、玄さん、ご馳走さん」

その様子に社食のみんなが盛り上がる。

食事を終えた鉄平は社食を出るとき、賄いのおばさんに一言言った。
「全部、つけといて」

すると、おばちゃんが「今日も専務のおごりですよ~」
と大声で、みんなに言うのだ。

こんな風に下の者に好かれ、慕われる兄を見て、
銀平はますます鉄平への憧れを募らせるのであった。

「僕は何でもできる兄さんが、いつもうらやましかった。
同じ兄弟でどうして、こうも違うんだろうと」

「逆に俺は、銀平がうらやましかったよ。
いつも、父さんは銀平のことばかり、気にかけていたし」


「僕は出来が悪いからですよ。だから気に掛けざるを得ないんです」

目の前で見る、高炉の迫力と鉄平への期待で、銀平は胸がワクワクしていた。
「兄さん、高炉建設、必ず成功させてくださいね」

しかし、この突貫工事の成否が阪神銀行と大同銀行の今後を決めるとは、
このとき鉄平は夢にも思っていなかった。



とある料亭。

大介と大同銀行の綿貫専務(笑福亭 鶴瓶)。

「私はあなたと組んで、新銀行を作り上げたい」
そう、示唆する大介に綿貫は驚きを隠せなかったし、にわかには信じがたいといった気持ちを露にした。

預金高3位の大同をやっと10位以内に入った阪神が吸収するなんて、
まるで絵空事のように思えたからだ。

「阪神銀行は大蔵省を抱き込むことができます」
「私と手を組めば、あなたは新銀行の副頭取ですよ」

大介は、大同吸収を依然、あきらめてはいなかった。


鉄平邸。

高炉建設が順調に進んでいるお陰で、やっと久しぶりの休みがとれた鉄平は、
家族3人、水入らずで過ごしていた。

そこへ、突然、芙佐子(稲森 いずみ)から電話が掛かってきた。

「実は、女将が一時こん睡状態になって、今は落ち着いているのだけど、
鉄平さんにどうしても会いたいって言ってるんです」


その頃、ニ子(相武 紗季)は佐橋との見合いの席にいた。


志乃 (多岐川 裕美)の病院。


鉄平は先ほどの電話を受けて、すぐに見舞いに来ていた。

「急に無理を言って、ごめんなさい。鉄平さんのお顔を見られただけで、
元気になったわ。」

「大介さんとは、うまくいってますか?」

突然の女将の質問に驚く鉄平だった。

「敬介さんが、心配されてたんです。いつか親子で衝突するんじゃないかって」

「どういう意味です?」
「確かに父は、僕に厳しいところがあるけど、高炉建設が頓挫しかかった時、
融資をして助けてくれました。」

「そう、良かった・・・」


病院の外。
芙佐子と鉄平。


「女将は今度、手術するんだけど助からないかもしれないの。」

「お正月に志摩のホテルで会ったでしょ?あの時、どうして来たのか聞かれたことあったよね」
「あの時は否定したけど、本当言うと心のどこかで、会えること期待してたの」

「一目見て、奥さんと幸せそうにしてるとこ見たら、私の思いに区切りをつけられると思って」

「でも、鉄ちゃんと何度も会ううちに、私やっぱり・・・」

苦悩する鉄平。しかし、彼はきっぱりとこう言った。
「ゴメン芙っ子、僕はお父さんのようには生きられない。じゃあ」

そう言って、鉄平は芙佐子のもとを後にした。


三雲頭取(柳葉 敏郎)と鉄平。

「あと、一ヶ月。とうとう、鉄平くんの夢が叶うんだね」

「僕は仲間に恵まれました。ベアリング社の社長も、辞めてジーエス社に移り、
あらたに大量の発注を申し出てくれました」

「それは良かったね、おめでとう」

そこに取材に来ていた新聞社の記者は、仲間達に囲まれた2人の写真を撮った。
みんなの顔は希望に満ち溢れていた。


大介と綿貫専務。


綿貫が、高炉を背にして鉄平たちが写る記事の載った新聞を持って、
大介に猛烈に抗議をしている。

「話が違うじゃないですか!こんな優良企業と組んだ大同を飲み込めるわけないじゃないですか!」

「お宅がどこかに飲み込まれるのも時間の問題ですよ。
私は負け戦に乗るつもりはありませんから!」

と、ものすごい剣幕で帰ってく綿貫だった。


万俵邸。


「ニ子さん、佐橋さんにいつ、正式なお返事をするおつもりですか?」
相子(鈴木 京香)はあせっていた。

「でも、鉄平兄さんの会社も順調なようですし、私が佐橋さんと結婚する意味も
もうないんじゃないですか」

全身全霊をかけたこの閨閥作りに陰が見え始め、
悔しい気持ちでいっぱいの相子だった。

すると、そこへ鉄平、早苗(長谷川 京子)夫妻が現われた。

「あら、鉄平さん、早苗さんお珍しいこと」と相子。

「私がお招きしましたの。高炉完成の前祝いですわ。相子さんもご一緒にお祝いしてくださるでしょ?」
なにもしらない寧子(原田 美枝子)は、喜びのまま相子を誘った。

この事態のことを大介と同じくらいいまいましく思っている相子は、不機嫌な調子で
「私がいると、鉄平さんも早苗さんも気詰まりでしょうから、街の風にでも当たってきますわ」
と、すっと外に出て行ってしまった。

すると、次はそこに万樹子(山田 優)がふらふらしながらやって来た。
「あら、早苗さん、鉄平兄さん・・・」

「万樹子さん、また、お飲みになってたの?」と心配する寧子。

「だって、この屋敷にいたって息が詰まりそうなんですもの」
「私、何のためにこの家に来たのか・・・」
そう言いながら、その場に苦しみながら倒れこんでしまった万樹子。

心配する鉄平、早苗、寧子は、万樹子を銀平邸に運び、急いで医者を呼んだ。

大介もこの事態を心配して、銀平邸に駆けつけた。


銀平邸、居間。

「万樹子さん、妊娠されていたんですか?
知っていたら私、お酒なんて飲ませなかったのに・・」と、
寧子は銀平に言う。

そこへ、万樹子がネグリジェ姿で現われた。
「銀平さんは、誰にも言うなと。できたら堕ろしてくれと言われました」

「なんてこと言うの銀平さん!」
いつもは静かな寧子もこの時ばかりは、憤怒していた。

「でも、お母さん、僕の気持ちも察してくださいよ。
僕のような人間を親に持つ子が生まれてきたら、かわいそうです
と、他人事のように言う銀平。

「銀平さんのお望み通りになりましたよ」
「私、流産しました」

その言葉に何の驚きもなく「そうか」とだけ答える銀平。

すると、怒り心頭に達した大介が銀平の胸倉を掴んで叫んだ。
「そうかだと!?なんてことしてくれたんだ!
私は、万俵家の後を継ぐ銀平の子が欲しかったんだ!!

「私にとって、息子はお前一人だ。」

「なんてことおっしゃるの?」あまりの暴言にショックを隠せない寧子。

「鉄平はいつも私の邪魔ばかりする。じいさんを見ているようでおぞましい。」

「いっそ、私の前から消えて欲しいと思うことさえある!」

とうとう、大介は自分の中の本音をぶちまけた。

と、ドアの入り口にいた鉄平夫妻が、その大介の言葉を聞いてしまった。


大介は、36年前のあのおぞましい事件を思い出していた。

大介が会社から家に帰ると寧子が裸のまま、布団に横たわり、
寝ている寧子に敬介が団扇を仰いでいる。

異様な光景だった。

「大介、公卿の女の肌は、マシュマロのように白くて柔らかだな・・・」
そう言って立ち去った敬介。

「寧子、何があったんだ?お父さんと何があったんだ?」
寧子に詰め寄る大介。

「わからないんです。私、わからないんです。
お風呂場で意識を失った私をここまで運んでくれて・・・」

「きっとそれだけのことに違いないのです」


あの時のことを思い出しながら、敬介の肖像画を見つめる大介。

「私は、またじいいさんに負けてしまったよ。
鉄平さえ生まれなければ、私もお前も、もっと違う人生を生きていたんだろうな」


胸の中で燻るやり切れない思いで、大介は寧子にそうつぶやくのであった。


万俵邸の庭

さっきの大介の言葉に傷ついた鉄平は、神戸の街が一望できるベンチに腰を下ろし、
うなだれていた。

「小さな頃から、何となくは感じてはいたけど、
お父さんは本当に僕のことをあんな風に思ってたんだな・・・」

「あなたには、沢山のお仲間がいます。太郎もお母様もニ子さんもみんな、
あなたが大好きです。」

「私は、あなたのこと誇りに思ってますよ」
そう言って、励ます早苗だった。

「今は、夢を完成することだけを考えていましょう」

「銀平さんがね、とにかく一度、近くで見たほうがいいって、興奮しておっしゃるのよ。
完成したら、私も連れて行ってね」

「ありがとう、早苗」

「家に戻りましょう」

なんとか早苗の言葉で気持ちを静めた鉄平は、早苗と共に神戸の街に背を向け家に向かおうとした。

すると、その途端、ものすごい爆音が背中から響いてきたのだ!

嫌な予感がして後ろを振り向いた鉄平は、そこでとんでもない光景を目にすることになるのだ。

あの、夢の高炉が大きなオレンジの災に包まれているではないか!
さらに爆音が重なり、災は一層大きくなっていく。

信じられない気持ちを抱えて、鉄平は高炉に一目散に向かった。

窓からその様子を見た銀平もあまりのショックで頭を抱え、叫んだ。
「うそだろーーーー!!」

寧子も大介もその惨事を目の当たりにしていた。
おろおろする寧子。

しかし、大介だけは違っていた。

「天は我に味方したか!」

燃え上がる高炉現場では、多くのけが人が救急車に運ばれていた。
みんな血を流し、凄まじい光景だった。

鉄平は、燃え上がる高炉の中を覗くと、荒武玄が一人でけが人を外に誘導していた。

玄さんは鉄平を見つけると、こう言った。
「若、こんなことで高炉建設をあきらめちゃだめですよ!」

そう言いながら、再び燃え盛る災の中に入っていく玄さん。
「おい、早くケガ人を外へ運び出せ!早く!」

と、その途端に玄さんが入っていった場所が大きな音と共に爆発した。


死者5名。重軽傷者数百名に及ぶ、大事故になってしまった。

あの玄さんも亡くなってしまった。

3日もすると事故の全容があきらかになった。
バルブの故障によるものだと、ほぼ断定されたのだ。

事故から2日間、鉄平は亡くなった者の弔問や、ケガ人の見舞いで追われた。

そして、事故から3日目の朝、鉄平ははじめて父、大介のもとを訪れた。

「このような事態になってしまい、本当に申し訳ございません。
この後もいろいろと、ご協力をお願いすることも出てくると思いますが、よろしくお願いします。」

丁寧に侘びをいれる鉄平に、気づかないフリで返事もしない大介だった。

この事故で一ヶ月の高炉建設停止措置が取られた。


高炉建設が順調に進んでいたのに安心して、佐橋との見合いを断っていたニ子だったが、
このことで、ニ子自身、この縁談を進める決心を固めた。

これは、鉄平兄さんや四々彦(成宮 寛貴)の夢をどんな手を使っても叶えてあげたいという
ニ子の並々ならぬ気持ちからだった。

四々彦に別れを告げに来たニ子。

「私、佐橋さんと婚約します」

「どうして急に。あんなに嫌ってたじゃないか!」

女は時々、ウソをつくものです。これからどうなるかわからない会社の人とやっていく自信が持てません。」

「それで君は帝國製鉄のエリートと結婚するってわけですか?」
「お兄さんには、どう言うつもりなんだ?」

「兄には、折を見て説明します」

「僕とのことは、これで終わりですか?」

「もう、会わないほうがいいと思ってます。さよなら」


志乃 (多岐川 裕美)の病院。


「芙佐子、お前に話しておきたいことがあるの。私に万一のことがあったら、もう、話せなくなるから。」

「お前の本当の両親のこと。お前が赤ん坊の時、養女として引き取ったって、ウソなの。
お前を産んだのは、本当は私なの。ごめんね、今までウソついて」

「なんとなく分かってたわ。でも、どうして今まで言わなかったの?」

「言えなかったの。あなたの父親は万俵敬介さんよ

「敬介さん?」

「鉄平さんのおじいさん。だから、あなたたちの交際にも反対したの。
鉄平さんとは、あっちゃいけない関係だったのよ」

「芙佐子、これ」と、鉄平に宛てた手紙を芙佐子に手渡す志乃。



阪神特殊製鋼は、事故以来、株価も下がる一方だった。


阪神銀行。

なぜか、銭高常務も大介側に寝返っていた。
大介、銀平、大亀、銭高が今回の件で話し合っていた。

この中でも、銀平だけは、高炉の事故に大変ショックを受けていた。

「兄さんを突貫工事に追い込んだのは、お父さんじゃないですか?
この事故はお父さんが引き起こしたんだ!」と、父大介に食って掛かる銀平。

「冷静になれ、銀平。今、我々に最大のチャンスが転がり込んだんだぞ」



一方、鉄平は、この事態にも関わらず夢は捨ててはいなかった。
「僕は、彼らのためにも、高炉は必ず完成させる!」



とある料亭。

大介と綿貫。

「大同銀行の極秘内部資料をお持ちしました」
と、うやうやしく一冊の書類を大介に差し出す綿貫。

大介がそれを受け取ろうとすると、綿貫はすかさず言うのであった。
「その前に、いただくものをいただかないと」

大介は懐からある封筒を出した。
「ここに新銀行副頭取の私の念書をしたためてきました」

「ここからの主役は綿貫さん、あなたですよ」

合併に一番必要なのは、ポストと言った天下りの綿貫の言葉を
大介は忘れてはいなかった。


鉄平邸。

夜遅く、突然、芙佐子が訪れた。

「どうしたんだ、こんな時間に?」驚く鉄平。

「先ほど、女将が亡くなりました。死ぬ前に鉄平さんに渡すように預かった手紙を持ってきました。」

「女将が僕に?」

芙佐子、早苗の見守るまえで、その封を開ける鉄平。

”敬介さんが、何時の日か鉄平さんが大介さんと対立する日がくるかもしれないと言っていました。

 鉄平さんが、大介さんの冷たさに苦しむ日が来るかもしれない、

もしかしたら、父と戦わなければならない日がくるかも知れないと。

例えそんな日が来たとしても、鉄平には時自分の道を、自分の信じる道を貫けと、
 
そう、敬介さんが言いました。

私は、なぜ、敬介さんがここまで鉄平さんのことを心配するのかを考えたのです。

それは、鉄平さんの本当の父親が・・・・・・・


その後に続く言葉を読んで、鉄平は叫んだ。
 「うそだ!!」



■写真転載
TBS 日曜劇場「華麗なる一族

■関連記事
テレビ番組を斬る! 華麗なる一族:放談!その8Yahoo!ブログ - ☆Fly High☆Yahoo!ブログ - やっぎーの仲間との出会い、憩いの場バースデイ・ディナー - 寝起きの熊さん - 楽天ブログ(Blog)裏情報:アイドル・芸能 相武紗季大人気!長澤まさみを抜く勢いブンブンの付録 マンピョー家華麗なる一族のモデル - time goes by『華麗なる一族』ネタバレ情報サイト神戸トピックス 華麗なる一族 万俵家のモデル岡崎家Yahoo!ブログ - 馬鹿!逢いたかった・・・。華麗なる一族 4回【テレビ ドラマ】エンタメスクープ 芸能 新聞 ニュース テレビ ドラマ に主婦吠える華麗なる一族第二話|LOVELY TELLY*TVな毎日食彩日記 華麗なる一族ゴリモンな日々 「華麗なる一族」って‥‥驚愕!!芸能人ブログ 『華麗なる一族』(かれいなるいちぞく)の概要華麗なる一族あらすじと華麗なるネタバレ 華麗なる一族あらすじと華麗なるネタバレ-ウェブリブログ華麗なる一族あらすじやネタバレなどを公開 - 華麗なる一族あらすじやネタバレなどを公開 - 楽天ブログ(Blog)#trackbackラジオが突っ込んだ『華麗なる一族』の話題……関西弁、将軍、木村拓哉 正美樹の読書・音楽日記!-ウェブリブログ華麗なる一族 第6話 渡る世間は愚痴ばかり-ウェブリブログ華麗なる一族 第2話  過去の悲劇と真実|レジェンド オブ ウルトラマン(^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ華麗なる一族(1月28日) 今日感-ウェブリブログタウンハウジング立川営業所So-net blog横浜バナナワニ園☆華麗なる一族 第3話 引き裂く運命 あらすじ&感想華麗なる一族、今までの『あらすじ』&『ネタバレ!?』 華麗なる一族、今までのあらすじ&ネタバレ!?-ウェブリブログ華麗なる一族、あらすじ・ネタバレと本当の結末は・・・。 華麗なる一族、あらすじ・ネタバレと結末は・・・。-ウェブリブログ華麗なる一族の華麗なるあらすじ - 華麗なる一族の華麗なるあらすじ - 楽天ブログ(Blog)#trackback萌えたり萎えたり。 小説「華麗なる一族」華麗なる一族、今までの『あらすじ』&『ネタバレ!?』 華麗なる一族、今までのあらすじ&ネタバレ!?-ウェブリブログ
スポンサーサイト

テーマ:華麗なる一族 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2007/11/21(水) 01:22:41 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2007/11/27(火) 00:23:08 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

チェーン総合案内所

チェーンの検索サイト。ネックレス、チェーンメール、ウォレットチェーン、自転車、チェーンステッチなどチェーンに関する各種情報をお届けしています。 http://favorite2.stuartmembery.com/

  • 2008/10/27(月) 05:22:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

割引金融債と30代,40代の転職について

割引金融債とは、債券発行銀行が発行する期間1年分の利息先取りの割引債券 http://avemary.catvtestchips.com/

  • 2008/11/07(金) 03:18:24 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

アクチュアリーを目指して30代,40代の転職

アクチュアリーとは、保険や年金の業務の1つで、積み立て金額や保険金額の設定を行なう際に、統計論などを活用して見積もる仕事のことをいう http://dartboard3.catvtestchips.com/

  • 2008/11/08(土) 02:07:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

生姜でダイエットに挑む

生姜は南アジア原産で、中国では紀元前500年頃から薬用として利用されていました http://lactometer.victoriaclippermagazine.com/

  • 2008/11/28(金) 01:59:43 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nacii.blog71.fc2.com/tb.php/17-f5600971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花より男子2画像とあらすじ

花より男子2画像とあらすじ

  • 2007/02/27(火) 17:08:07 |
  • 花より男子2画像とあらすじ

華麗なる一族~第7話・私これから、外で風に当たって参りますわ!

華麗なる一族ですが、今回もまたいろいろなことが起こりますが、主に鉄平の会社の高炉が爆発炎上してしまったことと、鉄平の出生の秘密が分かるなどです。木村拓哉の鉄平は、労働者のリーダーである玄さん(六平直政)と必要以上に仲良くなっており、むしろマブダチといった

  • 2007/02/27(火) 21:29:16 |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記

TVドラマ:華麗なる一族

華麗なる一族『華麗なる一族』(かれいなるいちぞく)は、山崎豊子の小説。万俵コンツェルン総裁にして阪神銀行頭取・万俵大介は大いなる目的を果たそうとする一方、ある時からどす黒い疑惑を胸にきざす。自らの飽くなき野望の為、また憎しみと復讐の為、大介は巧妙な陰謀を

  • 2007/03/09(金) 15:06:41 |
  • あのドラマに夢中!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。